ニートワークエンジニア

浪人、留年、休学、中退、ニート、エンジニア。回り道人生を謳歌中

ちやほやされて満足してたらそのうち死ぬ

たまには仕事についてちゃんと考えてみる。

水産関係の少し珍しいベンチャー企業に転職してから2年半になる。入社した頃と比べるとそれなりにエンジニアとしてスキルは身についたし、この会社に入って本当に良かったと思っている。 一方で、ここ数ヶ月はずっと伸び悩みを感じていて、それは結局は自分次第どうにでもなることなんだとは理解しているものの、環境を変えればまた違う世界が開けるんじゃないかという期待をついつい抱いてしまっている。

今の会社は良くも悪くも未熟な組織で、ビジネスサイドのITリテラシーが足りないために、言わば消極的なエンジニアドリブンといった感じになっている。僕は大した能力も無いのにやたらと褒められ、ちやほやされる。これに甘えてはいけないと思いつつも、頼りにされるのは大いに気持ちがよい。

今年の7月にはこの会社で初めてエンジニアの後輩ができ、そいつがまたとても良いヤツで、僕をよく慕ってくれている。他の部署も良い人ばかりで、飲みに行っては未来について真面目に語り合い、人間関係で悩むことが一切無い、恵まれた環境だと思う(ある一人を除けばだが)。

その上赤字のベンチャーにしては金払いも良い方で、世間一般のエンジニアと同水準か、むしろ僕の経歴を考慮するなら貰いすぎているとさえ感じる。

客観的に捉えれば辞める理由は無さそうだ。

だけど実際に僕がやっていることと言えば、ちょろっとWebアプリやAndroidアプリを開発、改修しているだけだ。フレームワークを使っていると設計に悩むことはそんなに無くて、大抵は依頼を受けた段階である程度何をやるのかは見えており、あとはコードを書いて、依頼者に動作や画面を確認してもらってリリースして完了。毎日この繰り返し。

悪い意味で簡単にこなしてしまっている。自分のできる範囲でできることだけをやっているから、日々の中でほとんど成長していない感覚がある。この前ふと、10年後も同じレベルのコードを書いている自分を想像してゾッとした。

エンジニアのメンバーも一人を除けば良い人ばかりだが、社内で技術的な話題で盛り上がることはほとんど無くて、そういう意味では僕にとっては刺激が足りないのかもしれない。

今と同じことをやっていては何も変わらない。だから…転職?

書いていて、ここに発想の飛躍がありそうだと感じた。自分にとっての成長ってなんだろうか。10年後までは考えられなくとも、何がどうなっていれば望ましい自分なんだろう。

ダイレクトリクルーティング系のサイトに登録しているとかなりの頻度でスカウトメールを受け取る。先日、「3人目のエンジニアになってくれないか」という勧誘があり、これには少し惹かれてしまったが、やっぱり現実逃避をしているだけのような気もするので、今一度、自分が何を求めているのか考えて直してみよう。

「ちゃんと考えてみる」と書き出したものの、結局、わからないことがわかっただけだが、これもまた成長?

マッチングアプリの没個性

先月はプライベートでちょっとした大事件があり、メンタル的には今だに全然回復できていないわけだけど、このままベッドで安静にしていても変われそうにない。なので荒療治だとは思いつつ、半ばやけくそでマッチングアプリなるものに初めて手を出してみた。

Facebook アカウントでログインし、簡単なプロフィールを設定すると、一度の人生では到底出会えないほど膨大な数の女性の顔が並んでいる。アイコンをタップすればその人のプロフィールが表示され、「いいね」ボタンを押すと、それだけで相手に好意を伝えることができ、相手がそれを承諾するとめでたくマッチングとなる。凄い時代だ。

AI か何かで作られた機械的なレコメンドはあるが、検索機能もしっかりと備えてあり、プロフィールの項目ごとに詳細な検索ができる。

これだけ聞くと自分が求める女性をスマートに見つけられそうな気がするが、実際に検索してみると、パラメータ的なプロフィール情報だけではその人の人格や価値観はほとんどわからないし、結局自由入力形式の自己紹介文を読むことになる。

そしてここからが問題で、ほとんどのユーザーはまともに自己紹介文を書いていない。いや一応書いてはいるのだが、内容が趣味の話ばかりなのだ。旅行、カフェ巡り、カラオケ、美味しい食べ物とお酒、あとディズニー。これらのフラグの組み合わせパターンみたいな自己紹介をいくつも読んだところで、全く個性がわからない。だから差別化される部分が結局プロフィール写真だけになってしまう。

みんなそんなに自分の容姿に自信あるんだろうか…というのはただの皮肉で、自分で文章を書けず、定型文に単語を当てはめるだけでは個性を主張できないだけでなく、できていないことにすら気付けなくなるんだなあと悲しくなった。

若い人ほどそういう傾向があるが、僕より10歳近く上の大人の女性でも結構そんな感じだったりするからびっくりだ。

そんな女性の顔を何十、何百枚も見ていると、いつの間にか外見だけで人を判断してる自分に気付いて嫌になるし、延々とカタログショッピングをしているような徒労感に襲われる。ログイン2日目にしてもう疲れてしまった。

まあ僕はというと、自己紹介に1000字超えの長文を載せてる痛いヤツなので、これはこれでどうしようもない。

血の気が多いヤツなら刺してますよ

前回 の続きを書く。先に僕自身の感想を端的に書くと、彼女は思っていた以上に感覚がぶっ壊れていて、ある意味可愛そうな存在で、そんな彼女の体を弄び、更に壊した僕の上司はどうしようもないクズだった。ただそれだけである。

前回ブログを書いてから3週間しか経っていないことが信じられない。その間、僕は人生で初めて摂食障害になり、友人の前では何時間も泣き続け、日中は吐き気のせいでまともに仕事が出来ず休みがちになっていた。最近になってようやくまともに食べられるようになったところだ。

メッセージを覗いてしまった翌日に彼女を問い詰めたが、残念ながら現実は概ね僕の想像通りだった。自分自身の反応も想像と同じで、やっぱり今は彼女を信じることが出来ないと告げ、交際、同棲は解消した。

サクッと書いたが、実際は彼女に善悪に対する僕との感覚の違いを説明するのに相当時間がかかった。しかし今でもまだ彼女は腑に落ちていないだろう。悪気が無いからだ。辛い過去や経験が彼女の倫理観をおかしくしたんだろうが、今の僕にはそれを受け入れる度量は無い。本当に可愛そうだが、僕には何もできない。

彼女経由で例の上司にも話が伝わり、僕は上司に呼び出されて二人だけで食事をした。てっきり謝罪があるのかと思いきや、「当時は本気だった」(←新婚1年目)とか「体の関係はあったが付き合ってはいない」とか、何の釈明にもならない(むしろ火に油な)発言ばかりで、終いには「彼女に君を薦めたのは私だ」とか言い出す始末である。

「じゃあ僕を彼女に薦めておきながらホテルには行ってたんですよね?」と指摘すると、一瞬何を責められているのかわからないような顔をした後で、初めて申し訳ないという言葉が返ってきた。自分とは貞操観念が異なる人種がいることは想像できるが、こんなにも近くに普通に存在していたことがショックだった。

彼女は仕事を辞めていない。僕は「辞めなくてもいい」とは言ったが、もし自分が逆の立場なら真似できないと思う。良いか悪いかは別として。

上司も普通に仕事をしている。彼との食事の際に僕が言った「もう少し血の気が多いヤツならこのナイフで刺してますよ」というセリフはあまり効いてないらしい。本当に刺すべきだっただろうか。


さて僕はどうしたらいいだろう。

転職も考えたが、こんなことで辞めるのは何か違う感じする。全く合理的ではないけど、その選択は「ダサい」と思う。勝ち負けではないはずだけど、今ここで逃げたら自分だけが負けた気がして、それだけはたまらなく嫌だ。ただのこだわりというか、趣味だなこれは。

というわけで全く不純な動機だが、仕事はもう少し続けてみようかと思う。憎しみを感じるほどの人間と一緒に働くことなんてそうそう無いだろうしな。