ニートワークエンジニア

浪人、留年、休学、中退、ニート、エンジニア。回り道人生を謳歌中

マッチングアプリの没個性

先月はプライベートでちょっとした大事件があり、メンタル的には今だに全然回復できていないわけだけど、このままベッドで安静にしていても変われそうにない。なので荒療治だとは思いつつ、半ばやけくそでマッチングアプリなるものに初めて手を出してみた。

Facebook アカウントでログインし、簡単なプロフィールを設定すると、一度の人生では到底出会えないほど膨大な数の女性の顔が並んでいる。アイコンをタップすればその人のプロフィールが表示され、「いいね」ボタンを押すと、それだけで相手に好意を伝えることができ、相手がそれを承諾するとめでたくマッチングとなる。凄い時代だ。

AI か何かで作られた機械的なレコメンドはあるが、検索機能もしっかりと備えてあり、プロフィールの項目ごとに詳細な検索ができる。

これだけ聞くと自分が求める女性をスマートに見つけられそうな気がするが、実際に検索してみると、パラメータ的なプロフィール情報だけではその人の人格や価値観はほとんどわからないし、結局自由入力形式の自己紹介文を読むことになる。

そしてここからが問題で、ほとんどのユーザーはまともに自己紹介文を書いていない。いや一応書いてはいるのだが、内容が趣味の話ばかりなのだ。旅行、カフェ巡り、カラオケ、美味しい食べ物とお酒、あとディズニー。これらのフラグの組み合わせパターンみたいな自己紹介をいくつも読んだところで、全く個性がわからない。だから差別化される部分が結局プロフィール写真だけになってしまう。

みんなそんなに自分の容姿に自信あるんだろうか…というのはただの皮肉で、自分で文章を書けず、定型文に単語を当てはめるだけでは個性を主張できないだけでなく、できていないことにすら気付けなくなるんだなあと悲しくなった。

若い人ほどそういう傾向があるが、僕より10歳近く上の大人の女性でも結構そんな感じだったりするからびっくりだ。

そんな女性の顔を何十、何百枚も見ていると、いつの間にか外見だけで人を判断してる自分に気付いて嫌になるし、延々とカタログショッピングをしているような徒労感に襲われる。ログイン2日目にしてもう疲れてしまった。

まあ僕はというと、自己紹介に1000字超えの長文を載せてる痛いヤツなので、これはこれでどうしようもない。

血の気が多いヤツなら刺してますよ

前回 の続きを書く。先に僕自身の感想を端的に書くと、彼女は思っていた以上に感覚がぶっ壊れていて、ある意味可愛そうな存在で、そんな彼女の体を弄び、更に壊した僕の上司はどうしようもないクズだった。ただそれだけである。

前回ブログを書いてから3週間しか経っていないことが信じられない。その間、僕は人生で初めて摂食障害になり、友人の前では何時間も泣き続け、日中は吐き気のせいでまともに仕事が出来ず休みがちになっていた。最近になってようやくまともに食べられるようになったところだ。

メッセージを覗いてしまった翌日に彼女を問い詰めたが、残念ながら現実は概ね僕の想像通りだった。自分自身の反応も想像と同じで、やっぱり今は彼女を信じることが出来ないと告げ、交際、同棲は解消した。

サクッと書いたが、実際は彼女に善悪に対する僕との感覚の違いを説明するのに相当時間がかかった。しかし今でもまだ彼女は腑に落ちていないだろう。悪気が無いからだ。辛い過去や経験が彼女の倫理観をおかしくしたんだろうが、今の僕にはそれを受け入れる度量は無い。本当に可愛そうだが、僕には何もできない。

彼女経由で例の上司にも話が伝わり、僕は上司に呼び出されて二人だけで食事をした。てっきり謝罪があるのかと思いきや、「当時は本気だった」(←新婚1年目)とか「体の関係はあったが付き合ってはいない」とか、何の釈明にもならない(むしろ火に油な)発言ばかりで、終いには「彼女に君を薦めたのは私だ」とか言い出す始末である。

「じゃあ僕を彼女に薦めておきながらホテルには行ってたんですよね?」と指摘すると、一瞬何を責められているのかわからないような顔をした後で、初めて申し訳ないという言葉が返ってきた。自分とは貞操観念が異なる人種がいることは想像できるが、こんなにも近くに普通に存在していたことがショックだった。

彼女は仕事を辞めていない。僕は「辞めなくてもいい」とは言ったが、もし自分が逆の立場なら真似できないと思う。良いか悪いかは別として。

上司も普通に仕事をしている。彼との食事の際に僕が言った「もう少し血の気が多いヤツならこのナイフで刺してますよ」というセリフはあまり効いてないらしい。本当に刺すべきだっただろうか。


さて僕はどうしたらいいだろう。

転職も考えたが、こんなことで辞めるのは何か違う感じする。全く合理的ではないけど、その選択は「ダサい」と思う。勝ち負けではないはずだけど、今ここで逃げたら自分だけが負けた気がして、それだけはたまらなく嫌だ。ただのこだわりというか、趣味だなこれは。

というわけで全く不純な動機だが、仕事はもう少し続けてみようかと思う。憎しみを感じるほどの人間と一緒に働くことなんてそうそう無いだろうしな。

彼女の何度目かの嘘とエンディング

ちゃんと書くのは実に8ヶ月ぶりだ。その間、30歳という大台に乗ったり、転職こそしていないものの、尊敬していた先輩が辞めていったりイマイチ仕事のやる気が出ず悶々としたり(というのは現在進行中でもあるが)、趣味のバンドも調子が乗らなかったり、まあ生きていれば色々あるなといった感じで過ごしていた。

それでも一番自分の頭の中を占めていたのは今年から始まった同棲生活だろう。いくつかの試練もなんとか乗り越えたし、いい年した男女が付き合って一年になるわけだ。こんな僕でもそろそろ次のステップに進まないといけないなと思っていた。

決心こそできなくともその心境を変化を何度もここに書こうとしたが、漠然としたモヤモヤの正体がわからず今日までダラダラやってきたが、思いもよらぬ形で終わりが訪れた。

嘘だけは嫌だった。ましてや不倫、しかも僕の上司とだなんて。体調が悪いわけではないのにこんなに激しい目眩を感じたのは初めてだ。

僕だって大してまっとうな生き方はしてこなかったが、家を出てから今日まではそれなりに誠実に、少なくとも人を傷つけることはしてこなかった。だからこそ他人と関わるのは凄く怖かったし、言葉では「流された」なんて言って照れ隠ししてきたけれど、今回の同棲はもの凄い決心とともに踏み切ったつもりだった。

同棲を始めてから、元カレ(他の!)の件でも色々あった。お金の事情があるとは言え、もう連絡を取るのを止めて欲しいと彼女に頼む自分は束縛し過ぎなんだろうかと大いに悩んだ。何度もここに書こうとしたが、なんとか自分の気持ちを整理して乗り切った。

他にも大きな嘘はあったものの、「男は度量」と自分に言い聞かせて(ある意味酔っていただけだが)、これでようやく落ち着けるだろうと前向きになれた矢先だったからなおさら衝撃的だった。

2年前に僕が入社したときから、その彼女と僕の上司はよく二人でランチに行っていて、夜も二人で飲み屋街を歩いているのを度々見かけていたので仲が良いのは知っていた。一応隠れて行っているつもりらしいが、昼時に会社近くで他の社員に会わないわけもなく、公然の秘密といった感じ。今でも毎週1度は二人で会っている。

付き合って間もない頃、僕は情けないと思われるのを承知で「嫉妬してしまう」と言ってみたことがある。するとまあ当然「向こうは奥さんいるし、そんな関係じゃない、ただの友達」と否定してくれた。心から納得はできなかったが、嘘であったとしても、これからの未来それが本当になれば良いなと信じることにした。

そして今日物語が急展開した。

彼女は携帯やPCにロックをかけていて、お互いのプライバシーは守るつもりでこれまでやってきたが、これまでの彼女に対する疑いを拭い去ることができず、今日つい魔が差してしまい、彼女が昼寝をしていたときに開きっぱなしの無防備なPCを覗いてしまった。そこには会社で使っているチャットツールが入っており、過去のプライベートメッセージを全て読み返すことができる。遡れば遡るほど生々しいやり取りが見つかり、途中から僕は意識が飛びそうだった。

あの日体調が悪いと言って先に帰った日は二人だけで会っていて、僕に作ってくれたチョコレートケーキは、半分は友達に渡すと言っていたのに同じものを上司が食べている。当然、上司からのお返しという名目の夜もあったようだ。

そういや、社内では僕と彼女の関係は秘密にしておこうと言っていたのにその上司には早い段階で報告していて、僕からしたら普通に仕事上の上司なので面食らったのだが、今思えばそりゃ当然話すわなと納得。付き合ってたんだから。

確認できているのは社内チャットのやり取りだけなので、正直、今どんな関係が続いているのはわからない(LINEにはどんな絶望が待ってるんだろう)。

今は本当に飲みにいくだけの関係なのかもしれない。僕のために優しい嘘をついているのかもしれない。

女性は別れたあとも元カレと友達でいられると聞いたことがある。多分男と女では精神構造が違うんだろう。

それでもやっぱり、彼女が上司に会いに行くのを見送るのは嫌だ。もの凄く嫌だ。

これらすべてを問いただしたら彼女は何と言うだろう。覗き見した僕を責め立てて家から出ていくんだろうか。それとも会社は辞めて二度と上司と会わないと言うんだろうか。

仮に後者であっても、僕はもう彼女を信じることはできない気がする。本当に、ただただ馬鹿で、可愛そうな子だなと思うだけだ。

そして上司は何もかも知った上で、何食わぬ顔で僕のプライベートの話題を振っていたわけだ。それを考えるともうこの会社ではやっていける気がしない。転職意向が無かったわけではないが、思わぬしっぺ返し過ぎて逆に笑えてくる。


書くのは久々だったが感情を文章にするのはやっぱり良い。おかげでちゃんと精神を保てそうだ。

次回はおそらくエピローグを書くことになるだろう。